​生産者と販売者

近藤泰作(生産者)

鶏の幸せのために山を購入した、養鶏界の異端児。

学生時代に恩師から養鶏や食の現状を学び衝撃を受け、大量生産・ケージ飼いが当たり前の養鶏の世界で、より自然に近い形での飼育を志し、宮崎県の山を購入。

おいしいたまごは、健康で幸せな鶏から生まれることを体感。市販の餌は一切使用せず、野草と自家製の発酵飼料だけで育てる。

私生活では4人の父。
養鶏をはじめたばかりの頃にヒヨコを見学に来た女性が、のちの奥様。そのヒヨコが結婚式の日に初めて産卵して親鳥となったというエピソードも。

kondou_ph5.jpg

榎本彩花(販売者)

1992年生まれ、1児の母。

幼い頃から食べることが大好きで、食いしん坊の称号を得る。

体調不良をきっかけに、おいしくて、さらに体に良い食を探し回り、台湾、オーストラリアで最新オーガニックフードを食べ歩く。帰国後、日本の食材の素晴らしさに気づき2年間の農園巡りを経て、

心身が幸せになる農産物を販売する「MADE in JAPAN 100」を設立。

​我が子に安心して食べさせられる卵を探し、嬉したまごに出会う。